10年間のおつきあい

メリットが大きいと思われるシステムですが、誰でも8万円でこの太陽光発電システムを導入することが出来るわけではありません。

サービスを提供するDMM社も最終的には元を取らなければいけません。そのため、発電量や設置コストがDMMソーラーの規定にかなう見積もりになることが必要です。

言うまでもなく、あまり発電量が少ない屋根であると契約ができません。

個人で購入するのと同様、太陽光発電で元をとるには10年間くらいかかります。そこで業者とは10年契約をすることになります。ちょっと長い10年しばりというところでしょうか。

10年契約が終わると、晴れて全部の電力を自分の思う通りに使うことができます。

ソーラーパネル自体の寿命は20年~30年と言われていますが、コンディショナーなど10年程度の寿命のものもあるので、10年後を過ぎてから、ある程度の修理費用が発生する可能性もあります。もちろん自己負担です。

コメントを残す