寿命のガギはパワーコンディショナー

太陽光発電システムの寿命のガギはパワーコンディショナー

太陽光発電パネルとパワーコンディショナーと周辺機器

メインの機器は太陽光発電パネルとパワーコンディショナーです。その他の周辺機器の寿命は普通の家電製品と同じと考え、保障期間も1年になります。

まず、メインの設備太陽光発電パネルの寿命は、20~25年だと言われています。中には設置から30年稼動しているものもあるということですが、有効な発電効率を考えると20年が一般の寿命のようです。なぜその年数、風雨にさらされるパネルが保つのかというと、磨耗や消耗をするような可動部がないからです。内部は耐候性ある封止材で守られ、表面は強化ガラスによって保護されていますから、パネル自体は非常に長持ちします。

次にパワーコンディショナーです。寿命は10~15年と言われていますが、一般的に10年くらいのようです。パネルに比べて寿命が落ちますが、これは直流電流を家庭用交流電流に変換するため内部が電子部品で構成されています。その半導体の寿命が機器の寿命ということになります。パネルの寿命に対して早く寿命が来てしまうので、途中で買い替えということになるのです。

もしも、20年パネルが正常に使えるとしてパワーコンディショナーが10年とします。すると10年目のところでパワーコンディショナーを寿命で一回買い換えます。もしも30年パネルが持つとしたら、20年目のところで買い替えになります。普通の家電と違い、パワーコンディショナーは数十万するものですから、この寿命が太陽光発電システムの経済的寿命の鍵といえます。

コメントを残す