雨や曇りの発電量

太陽光発電システムの導入前にいくらシュミレーションをしたところで、それはメーカーが最大と仮定した見込みの発電量です。実際の発電量・・・つまり実発電量は、果たして見込み通りいくのでしょうか?

天気は晴れの日だけでなく、曇りや雨の日もありますが、その辺までの効率の損失は良心的な業者などは計算に入れていることが多いです。なぜなら、実際に発電開始してから、

「全然シュミレーションより発電できてないじゃないか!」

とクレームがくることを避けるためです。この先10年近くのおつきあいになるかもしれない顧客に損をした感を残してしまうと、その地域で評判が悪くなり販売も難しくなる恐れがあります。

ただし、太陽光う発電システムを売って儲けたいだけの販売業者にひっかかってしまうと、とても効率のよいシュミレーションを提示されてしまうので注意です。

この良心的な提示のほうでシュミレーションした方は、およそ105%~の実発電率でシュミレーションを上回っていることが多いです。

コメントを残す