万一、雨漏りになったら

万一、太陽光発電システムの取付後に雨漏りになったら

十分に注意して、施工業者を選び鯛高校発電システムの設置工事をした場合でも、雨漏りになる可能性はあります。

万が一、雨漏りになってしまった場合には、すぐに販売会社・施工業者に連絡して修理を依頼しましょう。場合によっては、太陽光発電システムを乗せなおすということになったり、ひどい時は一時仮住居に退避することもあります。雨漏りは屋根の傷みだけではなく、家全体にも影響を及ぼすので、万全に補修を行うべきです。

施工業者の倒産するリスクには

最近は販売施工業者も増えてきて競争率が高いのですが、倒産してしまう業者もあります。屋根が雨漏りしているのに業者が倒産してしまったら、とても困ったことになります。そこで、施工業者が瑕疵保険に加入していれば、倒産時には購入者がその保険を直接もらえることになります。施工業者が保険に入っているかチェックすることは必須です。京セラのように独自に施工を行っているところは、定期点検を実施するという条件付で工事も保証されています。

また、倒産などはしていないけれど、修理もできずに紛争になってしまった場合は、「財団法人住宅リフォーム・紛争処理センター」で無料相談が可能です。

コメントは受け付けていません。