太陽光発電の利用者の声②

節電意識がすごく高くなったGさん(昨年11月購入・5.75kw)

オール電化と太陽光発電を購入しました。10年でローンを払い終えるように、売電には力を入れなくてはと思っています。なぜ10年かっていうと、メーカー保証が10年だったから。それまでに終わらないと、また色々買い替えとか修理とかで費用がかかって、ローンと一緒じゃ苦しいかなと思いました。

今のところ売電は上手くいっていますよ。月によって差し引き3000円くらいプラスの時もあれば、とんとんの時もあります。友人のところが既に20年使っていて、まだまだ使えそうなことを考えると、10年でローンを完済しておけば将来売電価格が下がっても減価償却的にはプラスかなって思っています。

私の見解では、太陽光発電システムの元を取れるかどうかは、購入費用と発電量だと思うんです。だから購入費用はすごく値切りました!

それから、発電量ですが、屋根の向きは絶対南です。屋根の傾きも考えて作りました。もしもこれから購入される方、南面を確保できない場合は元を取るのは難しいような気がします。売電で買電の分を取り戻すだけでなくて、ローンの分も含めて償却していかないといけないので、それを含めてうちではとんとんの月があります。だから、発電量が低いのは装置にしてもお勧めできないですね。

モニターを見ながらどれくらい発電したのか家族で楽しみにしています。できれば昼間家族全員でかけて電気を使わないでいてくれるといいなって思っちゃいます。

取付けた後で今更なんですが、太陽光発電システムは一度取付けたら簡単に交換も捨てることも出来ないから、検討される方はよく考えて購入したほうがいいと思いますよ。

コメントは受け付けていません。